メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小中高校書道作品紙上展 10月度入選作決まる /千葉

丁寧な書きぶりで堂々としている=小林彩乃

 第515回小中高校書道作品紙上展(毎日新聞千葉支局主催、そごう千葉店、JFEスチール協賛)の10月度入選作が決まった。1506点の出品があった。入賞者は次の皆さんです。(敬称略)

 <最優秀賞>

 習志野市立秋津小1年、小林彩乃▽いすみ市立東海小2年、渡辺梨桜▽八街市立朝陽小3年、渡邊美珠▽鋸南町立鋸南小4年、笹生悠馬▽八街市立八街北小5年、川村千華▽酒々井町立大室台小6年、濵﨑優莉葵▽千葉市立新宿中1年、久保木涼音▽いすみ市立大原中2、影山京美▽鋸南町立鋸南中3年、金髙未来▽幕張総合高1年、前原桃音▽千葉女子高2年、松崎佳奈▽富里高3年、須田みなも

この記事は有料記事です。

残り2874文字(全文3151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです