メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8畳2間に犬160匹 多頭飼い崩壊「最多レベル」 出雲 /島根

 出雲市にある住宅の8畳2間で、約160匹の犬が飼育されていることが、県と動物愛護団体への取材で分かった。大量に繁殖し、十分に飼育できなくなる「多頭飼育崩壊」に陥ったとみられる。今後、不妊去勢手術が実施され、希望者に引き渡される予定。

 県や動物愛護に取り組む「どうぶつ基金」(兵庫県)によると、住宅は平屋建てで夫婦と娘の3人暮らし。床には犬の排せつ物が散乱してい…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです