メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の叙勲 県内から121人 /福岡

甲斐諭さん

 秋の叙勲が3日付で発令され、県内から121人が受章した。社会のさまざまな分野で顕著な功績を上げた旭日章17人、国や自治体の公務などに長年携わり、大きな功績を積み重ねた瑞宝章に104人が選ばれた。うち女性は10人だった。受章者に喜びの声を聞いた。(中綬章以上の名簿は12面に掲載)

グローバル人材育成 瑞宝中綬章(教育研究功労) 元中村学園大学長・甲斐諭さん(76)=福岡市城南区

 「私個人と言うよりは、中村学園大学がいただいた。理事長が私の活動を許してくださり、教員や職員が協力してのびのびと研究や教育をさせてくれたおかげ」と、控えめに喜びを語る。

 台湾に生まれ、戦後引き揚げた宮崎市で育った。「農家をいかに豊かにしていくか」との思いを抱き宮崎大農学部畜産学科で学んだ。卒業後は九州大大学院へ進み、農業経済学の研究者に。2001年の牛海綿状脳症(BSE)後の「食の安全性」に関する研究をはじめ、3分野で学会賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り2395文字(全文2805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです