特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

衆院予算委 詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
質問する自民党の下村博文政調会長=国会内で2日、竹内幹撮影
質問する自民党の下村博文政調会長=国会内で2日、竹内幹撮影

学術会議

 下村博文氏 日本学術会議が国民に理解される存在となるよう機能・役割を見直す必要がある。

 井上信治科学技術担当相 日本学術会議が本来発揮すべき役割を適切に果たし、国民に理解される存在であり続けることが重要だ。梶田(隆章)会長ともしっかり連携し、学術会議のあり方について共に未来志向でしっかり検討したい。なお自民党PT(プロジェクトチーム)の議論も参考にしたい。

 大塚拓氏 初めて先例によらず、推薦者を全員任命することはしないという決断をされた。大変難しい判断だったのではないか。

この記事は有料記事です。

残り2455文字(全文2698文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集