連載

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届け。話題の力士のロングインタビューやおかみさんのリレーコラムも。

連載一覧

月刊相撲

待ったなし 病に苦心さんたん=武藤久

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大相撲は九州場所が加わった1955年から月名を場所の正式名称に採用している。現在は1、3、5、7、9、11月場所の呼称になっていることは以前に触れた。

 それでも東京・両国国技館での初(1月)、夏(5月)、秋(9月)場所、また地方場所は3月が春場所または大阪場所、7月は名古屋場所、11月は九州場所が呼びやすいようで人口に膾炙(かいしゃ)している。俳句でも「秋場所や稽古(けいこ)の甲斐(かい)をかくも見せ」(久保田万太郎)など季節・地方場所名が多い。

 今年は7月の名古屋場所が国技館開催となり、7月場所と呼ぶしかなく図らずも正式名称が日の目を見ることになったのだが、9月場所になるとマスコミの表現は再び季節・地方場所名に戻って秋場所だった。8日初日の九州場所も国技館開催で、11月場所となるが「おそらく来年1月場所は初場所になってしまうね」と日本相撲協会の関係者は苦笑いしていた。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1185文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集