メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝、4年連続11回目
サッカーマインド

ポスト大迫は誰だ=柱谷幸一

 日本代表のFW大迫勇也が所属するドイツ・ブンデスリーガ、ブレーメン戦の中継を解説した時のこと。一息ついてスタッフとの雑談となり、大迫の次に日本代表のFWを背負う選手は誰かという話題となった。

 さまざまな名前は挙がったものの、これといった選手がいない。イングランドやイタリアなど、欧州の5大リーグで常時、出場している選手はいないし、国内に目を向けても、J1で最も点を取っている日本選手は川崎の小林悠だが、33歳と大迫より3歳年上だ(その後、神戸の古橋亨梧がJ1得点で小林に並ぶ)。

 「勝ちたいのならGKとストライカーに金を使え」と、よく言われる。得点と失点に直接絡むポジションだからで、J1を見れば一目瞭然。1試合1点近いペースでゴールを量産する柏のオルンガ(ケニア)をはじめ、鹿島のエベラウド(ブラジル)ら、各クラブともFWに外国人選手を補強している。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 前橋暴走2人死傷「罪償いたい」 1審無罪被告に希望通り逆転有罪判決 東京高裁

  3. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取容疑、3人逮捕 1億円不正受給関与か 現金運搬中、職質で発覚

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです