連載

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

連載一覧

サッカーマインド

ポスト大迫は誰だ=柱谷幸一

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本代表のFW大迫勇也が所属するドイツ・ブンデスリーガ、ブレーメン戦の中継を解説した時のこと。一息ついてスタッフとの雑談となり、大迫の次に日本代表のFWを背負う選手は誰かという話題となった。

 さまざまな名前は挙がったものの、これといった選手がいない。イングランドやイタリアなど、欧州の5大リーグで常時、出場している選手はいないし、国内に目を向けても、J1で最も点を取っている日本選手は川崎の小林悠だが、33歳と大迫より3歳年上だ(その後、神戸の古橋亨梧がJ1得点で小林に並ぶ)。

 「勝ちたいのならGKとストライカーに金を使え」と、よく言われる。得点と失点に直接絡むポジションだからで、J1を見れば一目瞭然。1試合1点近いペースでゴールを量産する柏のオルンガ(ケニア)をはじめ、鹿島のエベラウド(ブラジル)ら、各クラブともFWに外国人選手を補強している。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文915文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集