「希望の光」あふれる大阪・御堂筋のイチョウ並木 青やピンクの彩りにうっとり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イチョウ並木が色鮮やかにライトアップされた「御堂筋イルミネーション」=大阪市中央区で2020年11月3日午後6時28分、木葉健二撮影
イチョウ並木が色鮮やかにライトアップされた「御堂筋イルミネーション」=大阪市中央区で2020年11月3日午後6時28分、木葉健二撮影

 大阪市のメインストリート・御堂筋で3日、冬の風物詩「御堂筋イルミネーション」が始まった。約4キロ続くイチョウ並木が130万個もの発光ダイオード(LED)で青やピンクに彩られ、多くの人が足を止めて見入っていた。

 今年で12回目。新型コロナウイルスの影響でイベントの中止が相次ぐ中、大阪府・市や経済団体などで作…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集