サッカーの世界的スター、マラドーナ氏が入院 「精神的不調」と主治医

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ディエゴ・マラドーナ氏=2019年5月(ロイター=共同)
 ディエゴ・マラドーナ氏=2019年5月(ロイター=共同)

 サッカーの世界的スター選手だった元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が2日、首都ブエノスアイレス近郊ラプラタ市の病院に入院した。現地紙が報じた。主治医によると精神的な不調によるという。

 この1週間、気分の落ち込みが顕著だったと伝えられるが、症状は深刻ではなく、今後首都の療養所に移る予定…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

あわせて読みたい

注目の特集