特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラアスリート交差点

競泳・山田拓朗「変化を恐れない」 経験、丁寧に伝えたい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日ユニバーサル委員会の公開シンポジウムで共生社会の実現について発言する山田拓朗=東京都文京区で2020年10月14日、竹内紀臣撮影
毎日ユニバーサル委員会の公開シンポジウムで共生社会の実現について発言する山田拓朗=東京都文京区で2020年10月14日、竹内紀臣撮影

 先月、毎日ユニバーサル委員会の公開シンポジウムに出演しました。「パラリンピックが発展させる共生社会」をテーマに他の選手らと思いを語り合いました。

 自分たちパラアスリートの役割とは何か。私のように先天性の障害を持つ場合と、病気や事故などによる後天性の障害を持つ場合では考え方の違いがあると思っています。後天性の選手は健常者として生活している中で、身体の一部の機能を失いました。同じような境遇にいる方たちに競技を通じ希望や勇気などメッセージを届けようと考えている選手が多くいるように思います。

 私は生まれながら左肘から先がなく、人生の途中で何かを失ったわけではありません。たまたまそういう体で生まれてきたわけで、片腕がないことを悔やんだことはありません。普通に生活を送りながら水泳と出合い、「何かを伝えないといけない」という感情が湧いてくることはなく、10代の頃は「共生社会」という言葉にもピンときていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1313文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集