特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

宇都宮文星女子が20年ぶり優勝 男子は那須拓陽が3年連続 高校駅伝・栃木予選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子7区、那須拓陽の稲葉夢斗選手が区間賞の走りを見せ、優勝を決める=宇都宮市西川田4のカンセキスタジアムとちぎで2020年11月3日午後3時55分、玉井滉大撮影 拡大
男子7区、那須拓陽の稲葉夢斗選手が区間賞の走りを見せ、優勝を決める=宇都宮市西川田4のカンセキスタジアムとちぎで2020年11月3日午後3時55分、玉井滉大撮影
女子5区残り1周、3強の争いから宇都宮文星女子の本多梨沙選手(右)が抜け出す=宇都宮市西川田4のカンセキスタジアムとちぎで2020年11月3日午前11時37分、玉井滉大撮影 拡大
女子5区残り1周、3強の争いから宇都宮文星女子の本多梨沙選手(右)が抜け出す=宇都宮市西川田4のカンセキスタジアムとちぎで2020年11月3日午前11時37分、玉井滉大撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会の栃木県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)が3日、宇都宮市で開かれ、男子は那須拓陽が3年連続11回目、女子は宇都宮文星女子が20年ぶり3回目の優勝を飾った。

 両校は12月20日に京都市で開かれる全国大会に出場する。【玉井滉大、竹田直人】

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集