メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/30 80年代の焦燥 流行の感覚・思想に抗して

「ベルリンの壁」崩壊の後、壁にあけられた穴の向こう側で笑顔を見せる東ドイツの警備兵=西ベルリン(当時)で1989年11月、岡崎一仁撮影

 1980年代の日本は、70年代の2度の石油ショックを経て、なお経済成長を維持した時期に当たる。諸外国は驚異の目を向け、「日本的経営」などに秘密を探ろうとした。出版界でもエズラ・ヴォーゲル著『ジャパン・アズ・ナンバーワン』(79年)をはじめ日本人論、日本文化論が相次ぎ登場する。一方で、ポストモダンの思想も広く受容され、「ニューアカデミズム」と呼ばれる現代思想ブームが起こった。

 同時に、物の品質や機能よりも、デザインや見た目の新奇さの「差異」が価値を生む消費社会化が、80年代の日本では進行する。後半には「バブル景気」が生まれ、世間では享楽主義的な様相も強まっていく。

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文2022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. ワクチン接種記録、マイナンバーとひも付けを 平井氏、河野氏に提案

  4. 大河ドラマ主演に松本潤さん 23年放送 徳川家康役で

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです