メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

自然の中の出合い=片山由美子

瓢の実といふ訝しきものに逢ふ 後藤夜半

ひよんの笛さびしくなれば吹きにけり 安住敦

 瓢(ひょん)の実という秋の季語がある。別名、瓢の笛。歳時記を見ると例句もかなり多く、俳人の好きな季語だと分かる。

・瓢の実といふ訝しきものに逢ふ 後藤夜半

・ひよんの笛さびしくなれば吹きにけり 安住敦

 俳句を始めたばかりの頃、これがどんなものか分からなかった。歳時記の解説によれば、イスノキという常緑高木の葉にできる虫こぶだという。

 さらに調べると、アブラムシ科の虫が葉に卵を産み付けるもので、特にイスオオムネアブラムシなるものが寄生すると、大きくふくらんだ虫こぶになるとのこと。これが瓢の実である。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです