連載

定型の窓から

俳人・片山由美子さんによるエッセーです。

連載一覧

定型の窓から

自然の中の出合い=片山由美子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

瓢の実といふ訝しきものに逢ふ 後藤夜半

ひよんの笛さびしくなれば吹きにけり 安住敦

 瓢(ひょん)の実という秋の季語がある。別名、瓢の笛。歳時記を見ると例句もかなり多く、俳人の好きな季語だと分かる。

・瓢の実といふ訝しきものに逢ふ 後藤夜半

・ひよんの笛さびしくなれば吹きにけり 安住敦

 俳句を始めたばかりの頃、これがどんなものか分からなかった。歳時記の解説によれば、イスノキという常緑高木の葉にできる虫こぶだという。

 さらに調べると、アブラムシ科の虫が葉に卵を産み付けるもので、特にイスオオムネアブラムシなるものが寄生すると、大きくふくらんだ虫こぶになるとのこと。これが瓢の実である。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1291文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集