東日本大震災

津波被災地に観光農園 来年3月オープン 仙台市若林区 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
体験型観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」のイメージ
体験型観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」のイメージ

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた仙台市若林区の沿岸部に2021年3月、1年を通して果物を収穫できる体験型観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」がオープンする。JR東日本グループの仙台ターミナルビル(同市)が運営。直売所やレストラン、視察旅行などに利用できる「研修棟」が併設される。

 東北最大規模の観光農園は11月に着工、年15万人の集…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集