メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 米国ニューヨーク州で過ごした小学生時代に、白人少年と一緒に、黒人少年の体につばを吐きかけたことがあります。1970年代後半です。現代の「BLM(黒人の命は大事だ)」運動が糾弾する米社会で、子どもながらも「殺す側」に立っていたように思います。

 通った現地校はほぼ全員が白人で黒人はゼロ。日本人は少なく、野球のイチロー選手のように「クールな」日本人も知られていませんでした。「ハラキリ」「カミカゼ」と言われるのが恥ずかしく、アパルトヘイトの残る南アフリカで日本人が「名誉白人」なのを誇りに思う卑屈な子でした。

 毎夏、男の子ばかりが各地から集まり、湖畔で4週間泊まり込むキャンプに参加していました。例年は白人ばかりで、夏限定の友人もできました。ある年、都会の貧困地区から少数の黒人少年が招かれました。なぜか彼らとにらみ合うこととなり、私は白人の友人と目を合わせて「承諾」を得て、つばを吐きました。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです