メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
全国高校駅伝

県予選会 男子・小豆島中央、女子・高松工芸がV /香川

5連覇を果たした小豆島中央の宮脇宏哉選手=高松市の屋島レクザムフィールドで2020年11月3日午後2時14分、喜田奈那撮影

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選会(県教委、県高体連、毎日新聞高松支局など主催)が3日、高松市の屋島レクザムフィールドであった。男子は小豆島中央が2時間8分26秒で5連覇。女子は高松工芸が1時間16分10秒で3年連続の優勝を果たした。

 大会はイノシシ出没の影響で日程と会場が変更され、区間ごとにトラックを周回して合計タイムを競う方式で実施。出場を予定していた高松一は選手のけがなどで男女とも棄権した。優勝した両校は12月20日に京都市で開かれる全国大会に出場する。上位校が出場する四国大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。【川原聖史、喜田奈那】

3年連続で優勝した高松工芸の大西真衣選手=高松市の屋島レクザムフィールドで2020年11月3日午前11時50分、喜田奈那撮影

 ◆男子・小豆島中央、5年連続

1区独走、他校を圧倒

 男子(7区間、計42キロ)は7校が出場。小豆島中央が6区間で区間賞を獲得する走りで他校を圧倒し、5連覇を成し遂げた。

 1区(10キロ)の行天陽虹選手(2年)は号砲とともに独走状態で、最優秀選手に選ばれた。

 いずれも3キロの2区の森田琉雅選手(3年)と5区の石井啓太選手(1年)は同時にスタート。石井選手は「ベストタイムより10秒遅かった」と悔しさをにじませた。

 3区の森本喜道選手(2年)と4区の林叶大(3年)選手は各8キロを同時に走った。2人が先頭を守り、最後は林選手が9秒差をつけて振り切った。

 各5キロの6区の西森遼選手(同)と7区の宮脇宏哉選手(同)はともに2年前に出場した都大路で最下位を経験し、リベンジを誓い練習に励んできた。最後は宮脇選手が両手を突き上げ、フィニッシュした。

 ◆女子・高松工芸、3年連続

粘り強さで接戦制す

 3校でのレースとなった女子(5区間、計21キロ)は高松工芸が四学大香川西との接戦を制し、3年連続で優勝した。

 1区(6キロ)は湯浅恋椿選手(1年)が四学大香川西の選手と併走。ラスト200メートルで「まだ余裕がある」とスパートをかけトップに立った。

 2区(4キロ)は新原千宙選手(3年)がペースを保った安定の走りを見せ、約2キロ地点で後続を一気に突き放した。

 3区と4区が同時に走った3キロのレースでは川田花菜選手(同)と嶋ななみ選手(2年)の2人が「5区でプレッシャーを感じず楽しめるように」と他校に大差をつけた。

 5区(5キロ)は、調子を落としていたという大西真衣選手(3年)が「みんなの応援のおかげで最後まで粘れた」と走り、1位を守った。


高校駅伝県予選・男子成績(○印は区間賞)

                 1区       2区       3区      4区        5区        6区       7区

                (10キロ)     (3キロ)     (8キロ)    (8キロ)      (3キロ)      (5キロ)     (5キロ)

(1)小豆島中央  2.08.26 ○行天      ○森田      ○森本      ○林        石井       ○西森遼     ○宮脇

                 (30.53)   (8.43)  (24.59)  (24.50)    (8.58)  (15.06)  (14.57)

(2)尽誠学園   2.16.39  戸田       清水       香川       岡本      ○広内        蓮井       萩原

                 (32.54)   (9.24)  (26.18)  (26.31)   (8.55)   (16.38)  (15.59)

(3)高松工芸   2.19.45  村上       吉田       穴吹       梶原       塚原        岡本       松田

                 (33.05)   (9.42)  (26.27)  (26.42)  (10.00)   (17.22)  (16.27)

(4)観音寺総合  2.27.02  大矢       小林       平野       山本       安藤        三好       藤田

                 (35.50)   (9.45)  (28.11)  (27.48)  (10.00)   (17.27)  (18.01)

(5)四学大香川西 2.27.20  大久保      有方       小林       小島       米森        石井       山口

                 (32.42)  (13.07)  (27.51)  (26.48)  (10.03)   (20.17)  (16.32)

(6)英明     2.29.48  三宅       田村       玉井       亀井       吉川        吉野        的場

                 (36.09)  (10.26)  (28.52)  (27.55)  (10.20)   (19.07)  (16.59)

(7)高松     2.34.04  植松       岡崎       笠井       有住       神野        山中       塚原

                 (37.39)  (11.11)  (29.55)  (29.44)   (9.47)   (18.03)  (17.45)


高校駅伝県予選・女子成績(○印は区間賞)

                 1区       2区       3区       4区       5区

                (6キロ)      (4キロ)     (3キロ)     (3キロ)     (5キロ)

(1)高松工芸   1.16.10 ○湯浅      ○新原      ○川田      ○嶋        大西

                 (21.43)  (14.21)  (10.26)  (10.29)  (19.11)

(2)四学大香川西 1.16.38  前野       藤尾       田城       田中      ○高島

                 (21.45)  (14.46)  (11.06)  (10.57)  (18.04)

(3)善通寺一   1.26.39  大矢       天田       秋山       細川        高橋

                 (24.21)  (16.10)  (12.42)  (12.54)  (20.32)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです