連載

米国の選択

トランプ米大統領が2020年大統領選への立候補を正式に表明し、再選に向けた活動を本格化させた。選挙スローガンは前回から「米国を偉大なままに」と変わったが、訴えの中身は変わらないまま。分断した政治状況の中で、自身の支持層の共感のみを追求するスタイルを貫く構えだ。

連載一覧

米国の選択

2020年大統領選 投票始まる トランプ氏の4年、審判 期日前9965万人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米中西部ミシガン州グランドラピッズでの集会で演説した後、支持者に手を振るトランプ大統領=3日、AP
米中西部ミシガン州グランドラピッズでの集会で演説した後、支持者に手を振るトランプ大統領=3日、AP

 米大統領選は3日午前(日本時間3日夜)、東部諸州から投票が始まった。共和党候補のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)との戦い。世界最多の感染・死者数を出した新型コロナウイルスへの対応に加え、行政・政治経験のない異例の大統領として米国第一主義を推し進めたトランプ氏の1期目4年間に審判が下される。

 郵便投票の活用が急増した今回は、開票作業が遅れる可能性も指摘されている。フロリダ大の米選挙プロジェクトの集計によると3日現在、9965万人が既に期日前投票を済ませ、2016年の前回選の投票総数の7割を超えた。

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1294文字)

あわせて読みたい

注目の特集