メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

海外製コロナワクチン マイナス70度 超低温管理、至難の業 輸送・保管・集団接種、不安だらけ

需要が急増している超低温冷凍庫。PHCホールディングス執行役員の中村伸朗氏は「この製品で5ミリリットルバイアル入りワクチン2万2000本が保管可能」と言う=東京都港区のPHC本社で、横田愛撮影

 新型コロナウイルスの海外製ワクチンの治験が最終段階に入る中、国内での接種体制づくりに新たな課題が浮上している。最大のネックとなりそうなのが「マイナス70度」とも言われるワクチンの超低温管理だ。開発が先行する海外製ワクチンは世界で承認されたことのない新しいタイプで、扱いも従来とは異なる。日本では長く行われていない集団接種が必要になるとの見方もあり、現場の自治体からは不安の声も漏れる。

 新型コロナのワクチン実用化をにらみ、今、世界で需要が急増しているのが医療用の超低温冷凍庫だ。「感染症の流行のたびに一時的に受注が増えることはあったが、今回みたいなことはなかなかない」。世界シェア2位、国内シェア1位を占める健康・医療機器メーカー「PHCホールディングス」執行役員の中村伸朗氏は言う。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです