メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 遅れる国産ワクチン

 新型コロナウイルス感染症の収束の鍵となるワクチンが早ければ年内にも実用化される見通しだ。欧米の開発が先行しており、いずれも承認実績のない新技術だ。国内も複数企業が開発を進めるが、欧米の「周回遅れ」とも言われる。パンデミック(世界的大流行)への備えに何が足りなかったのか。【聞き手・横田愛】

技術基盤整備、国が主導を 手代木功・塩野義製薬社長

 年内に治験を始め、来年末までに3000万人分以上の生産体制構築を目標にワクチン開発を進めているが、今のところ欧米企業の「m(メッセンジャー)RNAワクチン」と「ウイルスベクターワクチン」という新技術を使った開発が先行している。日本政府は7000億円近くを投じて購入する計画だが、それだけの国費が外に流れるに至った理由をもっと考える必要がある。

この記事は有料記事です。

残り4261文字(全文4603文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです