連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

新型コロナ 遅れる国産ワクチン

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の収束の鍵となるワクチンが早ければ年内にも実用化される見通しだ。欧米の開発が先行しており、いずれも承認実績のない新技術だ。国内も複数企業が開発を進めるが、欧米の「周回遅れ」とも言われる。パンデミック(世界的大流行)への備えに何が足りなかったのか。【聞き手・横田愛】

技術基盤整備、国が主導を 手代木功・塩野義製薬社長

 年内に治験を始め、来年末までに3000万人分以上の生産体制構築を目標にワクチン開発を進めているが、今のところ欧米企業の「m(メッセンジャー)RNAワクチン」と「ウイルスベクターワクチン」という新技術を使った開発が先行している。日本政府は7000億円近くを投じて購入する計画だが、それだけの国費が外に流れるに至った理由をもっと考える必要がある。

この記事は有料記事です。

残り4261文字(全文4603文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集