メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 遅れる国産ワクチン

 新型コロナウイルス感染症の収束の鍵となるワクチンが早ければ年内にも実用化される見通しだ。欧米の開発が先行しており、いずれも承認実績のない新技術だ。国内も複数企業が開発を進めるが、欧米の「周回遅れ」とも言われる。パンデミック(世界的大流行)への備えに何が足りなかったのか。【聞き手・横田愛】

技術基盤整備、国が主導を 手代木功・塩野義製薬社長

 年内に治験を始め、来年末までに3000万人分以上の生産体制構築を目標にワクチン開発を進めているが、今のところ欧米企業の「m(メッセンジャー)RNAワクチン」と「ウイルスベクターワクチン」という新技術を使った開発が先行している。日本政府は7000億円近くを投じて購入する計画だが、それだけの国費が外に流れるに至った理由をもっと考える必要がある。

この記事は有料記事です。

残り4261文字(全文4603文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです