メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

コロナ禍の肌触り ブリュッセル支局・岩佐淳士

 タクシー運転手の男性はハンドルを握ると、黙ってラジオの音量を上げた。後部座席からアクリル板越しに見える姿はよそよそしい。10月上旬に訪れたウィーン。空港から市街地までの30分が長く感じられた。

 だが宿泊先で車から降りると、男性は突然近寄って「グスタフ」と名乗り、話しかけてきた。「帰りもタクシーを使ってくれないか」。新型コロナウイルスの感染予防のため、密室の車内では会話を控えていたらしい。「移動の自由」を掲げる欧州だが、各国はコロナ対策で渡航制限を実施し、空港利用…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです