メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

新刊 『すべての人に星空を』=高橋真理子・著

書影「すべての人に星空を」(提供)

 「本物の星空を見られない人たちにこそプラネタリウムは意味があるのではないだろうか」。そう思い立った著者が、天文担当だった科学館を辞め、始めたのが「病院がプラネタリウム」。機材を病院に運び込み、長期療養の子どもたちに宇宙の不思議に触れてもらう活動だ。その「風景」を織り込みながら、取り組みの軌跡を振り…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです