0.5ミリ未満の早期乳がん確認に成功 「テラヘルツ波」で高精度観察 阪大など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 電磁波の一種「テラヘルツ波」を使い、0・5ミリ未満のごく小さな早期乳がんの組織を高精度で映し出すことに成功したと、大阪大などのチームが発表した。細胞の染色が不要なため、手術中にがんの範囲を正確に把握することが可能となり、患者の負担軽減につながる。研究成果は10月22日、英物理学専門誌「ジャーナル・オブ・フィジックス・フォトニクス」(オンライン)に掲載された。

 テラヘルツ波は、周波数0・1~10テラヘルツの電磁波で、光と電波の中間の周波数帯に位置付けられる。光の直進性と電波の透過性を併せ持つため、新しい診断法として期待されているが、操作が難しく、観察できるサイズは数ミリ~数センチ程度にとどまっていた。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文919文字)

あわせて読みたい

ニュース特集