メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルーズ船「飛鳥Ⅱ」が清水港に寄港 感染対策徹底 三保松原など楽しむ

 新型コロナウイルス感染症の影響でクルーズ船の入港が途絶えていた清水港(静岡市清水区)に4日、国内最大級のクルーズ船・飛鳥Ⅱ(総トン数5万444トン)が寄港した。清水港へのクルーズ船の入港は昨年12月以来、およそ11カ月ぶり。感染症対策が徹底され、乗客は船内で過ごす時間や静岡市内の観光を楽しんでいた。【深野麟之介】

 飛鳥Ⅱは定員(874人)の半数以下となる329人が乗船。2日に横浜港を出港し、4日午前8時半ごろに清水港に着岸した。乗客は運航会社の郵船クルーズが用意した4台の観光バスやタクシーを使い、清水区内の三保松原や静岡市東海道広重美術館などを思い思いに観光。飛鳥Ⅱは4日午後5時に清水港を離れ、5日に横浜港に戻る。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです