中央道またぐ市道の橋に耐震施工不良 鉄筋が不足、再施工へ 東京・日野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緑橋の橋台を調べる作業員ら=東京都日野市で2020年10月28日午前10時29分、山本佳孝撮影
緑橋の橋台を調べる作業員ら=東京都日野市で2020年10月28日午前10時29分、山本佳孝撮影

 NEXCO中日本は4日、中央自動車道をまたぐ橋1カ所の耐震補強工事で、橋台の一部に鉄筋が不足する施工不良があったと発表した。安全性に支障はないとしているが、大規模な地震で中央道上に倒れる恐れがあり、速やかに再施工する。

 NEXCO中日本によると、施工不良があったのは中央道下りの国立府中―八王子インター間にあり、中央道をまたぐ市道に架かる緑橋(東京都日野市、全長52・8メートル)。1966年に造られた橋で、巨大地震に備え…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集