メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

娘が語る86年前の外交官失踪 不名誉な報道、亡き父の無念…今語らなければ

父・蔵本英明氏の失踪事件について語る次女の亀川笑子さん=名古屋市千種区で2020年9月3日午後4時24分、川瀬慎一朗撮影

 「父は日本軍に利用された」。名古屋市千種区に住む亀川笑子さん(91)は、記者の目を真っすぐに見ながら言った。父とは戦前の外交官、蔵本英明氏。南京総領事館で副領事代理だった1934年、突然姿を消し、5日後に洞窟で発見された“失踪事件”の当事者だ。戦後75年を経て、娘が語ったこととは――。【川瀬慎一朗】

 中国語が堪能だった蔵本氏は満州(現中国東北部)に赴任。亀川さんはハルビンの領事館官舎で生まれた。事件当時は5歳。「失踪を知った母は寝室でずっと泣いていた」と振り返る。

 当時、日本の新聞は中国側による拉致説を展開。中国憲兵隊が日本人を尾行、電話を盗聴していたとして、蔵本氏が中国側に抗議していたと解説した。「テロの犠牲になったものらしく、生存は保証されない」と伝えた。

 日本陸軍は南京国民政府に抗議。総領事館が軍艦出動を要請するなど、軍事衝突の危険もあったとされる。失踪後、発見された蔵本氏について、亀川さんは「両腕を抱えられていないと歩けないほど衰弱していた。…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです