連載

focus プロ野球

あのヒーローはどんな選手? あのプレーの意味は? プロ野球のホットな話題を幅広く取り上げます。

連載一覧

focus プロ野球

「10完投」か「開幕13連勝」か ペナント最終盤で注目の沢村賞争い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中日・大野雄大=ナゴヤドームで2020年6月26日、兵藤公治撮影
中日・大野雄大=ナゴヤドームで2020年6月26日、兵藤公治撮影

 プロ野球のペナントレースは最終盤を迎え、個人タイトル争いが激しくなっている。とりわけ注目を集めるのが最も活躍した先発投手を表彰する沢村賞だ。ここまで6完封を含む10完投を記録している中日の大野雄大投手(32)と、セ・リーグタイ記録の開幕13連勝で巨人のリーグ優勝に貢献した菅野智之投手(31)の一騎打ちとみられる。圧巻の成績を残した両投手は、あと1~2試合と見込まれる登板で「最後のアピール」に挑む。

防御率と奪三振数の2冠・大野雄、最多勝確実の菅野

 先発完投型の投手を対象とする沢村賞は、15勝以上▽150奪三振以上▽10完投以上▽防御率2・50以下▽投球回数200回以上▽登板25試合以上▽勝率6割以上――の7項目が選考基準。

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1959文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集