メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラドーナ氏が手術へ 左頭部に硬膜下血腫

 ディエゴ・マラドーナ氏(ロイター=共同)

 サッカーの世界的スター選手だった元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が3日、硬膜下血腫が見つかり手術を受けることになった。現地メディアが報じた。2日から首都ブエノスアイレス近郊ラプラタ市の病院に入院していた。

 3日に検査をしたところ左頭部に血腫が見つかった。主治医は2日、入院の理由を精…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです