メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災避難者に支援の輪を 千葉でイベント 写真や絵展示 /千葉

野口さんの「福島の花シリーズ」写真展=千葉市内で2020年11月4日、山田利和撮影

 東日本大震災で被災し、福島県など東北3県から千葉県など首都圏に避難している人たちと交流し支援の輪を広げる復興応援イベント「縁joy・東北2020」が4日、千葉市中央区のきぼーるアトリウムで始まった。

 県内の支援団体でつくる実行委員会主催で8回目。福島県から千葉県に避難している人は今も2000人を超え、全国で約3万人に上るという。

 今年は新型コロナウイルス感染症に配慮し、展示が中心となっており、主な企画の一つが、福島県郡山市在住の写真家、野口勝宏さんの写真展「福島の花シリーズ」。野口さんの「自然の織りなす多彩な光と色彩が、あたたかい未来を予感させるものであってほしい」との思いのこもった「花咲く未来へ」などの作品が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです