メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「墨の天地」展

「墨の天地」展 作品紹介/2 故郷の名勝を描く /奈良

 白い紙の上に、繊細な墨の濃淡と筆遣いで描かれた大松、そして巨岩が浮かび上がる。小品だが、墨線を丁寧に重ねて表されたモチーフ、余白を生かした構図が見事である。

 安徽の名勝・黄山の峰と、自生する黄山松を描いたとみられる本図は、清時代(18世紀)の安徽出身の画家である方士庶(ほうししょ)によるものである…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです