メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝、4年連続11回目
論プラス

Go Toキャンペーン 制度の見直し、柔軟に=論説委員・山本明彦

論説委員 山本明彦

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本経済は大きく落ち込んだ。政府は景気刺激策「Go Toキャンペーン」で下支えを図る。観光や飲食の需要を回復させる効果はある程度出ているが、事業の制度設計に粗さが目立ち、恩恵が全体に行き渡らないとの不満も根強い。制度の盲点を突いた不適切な使い方も発覚した。公平さを欠いた政策では、経済や社会にひずみをもたらしかねない。制度を柔軟に見直す姿勢が不可欠だ。

この記事は有料記事です。

残り2666文字(全文2859文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 前橋暴走2人死傷「罪償いたい」 1審無罪被告に希望通り逆転有罪判決 東京高裁

  3. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取容疑、3人逮捕 1億円不正受給関与か 現金運搬中、職質で発覚

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです