メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

Go Toキャンペーン 制度の見直し、柔軟に=論説委員・山本明彦

論説委員 山本明彦

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本経済は大きく落ち込んだ。政府は景気刺激策「Go Toキャンペーン」で下支えを図る。観光や飲食の需要を回復させる効果はある程度出ているが、事業の制度設計に粗さが目立ち、恩恵が全体に行き渡らないとの不満も根強い。制度の盲点を突いた不適切な使い方も発覚した。公平さを欠いた政策では、経済や社会にひずみをもたらしかねない。制度を柔軟に見直す姿勢が不可欠だ。

この記事は有料記事です。

残り2666文字(全文2859文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東名あおり運転デマ投稿 強制起訴の被告死亡で公訴棄却へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです