メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選 各国、接戦の行方注視

 3日に投開票された米大統領選は、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が大接戦を演じている。結果は自国の経済や内政にも影響しかねず、各国ともその行方を注視している。

国営放送が中継 ロシア

 米大統領選へのロシアによる介入の可能性が指摘される中、露政府は「米国民のどのような選択も敬意を持って受け止める」(ラブロフ外相)と、中立の立場を強調してきた。ただ、結果は今後の米露関係に大きな影響を与える可能性が高く、ロシアでも国営放送が開票の中継を続けるなど、高い関心が寄せられている。

 トランプ政権下で米露関係は冷え込み、新戦略兵器削減条約(新START)の延長交渉も暗礁に乗り上げた。バイデン氏は新START延長には前向きだが「ロシアは米国にとって主要な脅威」と発言するなど対露強硬姿勢も示しており、当選した場合は関係がさらに悪化するという見方も強い。【モスクワ前谷宏】

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです