メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

液体爆発物、光と超音波で識別 検査装置、全国の空港で活躍

 テロ行為につながりかねない液体爆発物の航空機への持ち込みを防ぐための検査装置が、国内で開発・実用化された。ペットボトルや缶に入ったままの液体を、瞬時に危険物かどうか判別でき、各地の空港で使われている。どんな仕組みなのだろうか。

 装置は30センチ四方程度の大きさで、2本の棒の間に検査したい液体の入った容器を置く仕組みだ。ここに水の入ったペットボトルを置き、しばらくすると「PASS」という画面の文字とともに緑色のランプがついた。だが、見た目が同じような液体の入った瓶を置くと、今度は「ALARM」と表示され、赤いランプがともった。中の液体の有機溶剤を危険物だと判断したのだ。瓶を置いてからの時間はわずか1~2秒ほどだ。

 装置を開発したのは大阪大名誉教授の糸崎秀夫さん(70)。欧州の航空保安規格に当たる欧州民間航空会議(ECAC)の認証を2014年に取得した。糸崎さんから技術移管を受けたメーカー「熊平製作所」(広島市)が製品化し、16年から販売している。今では羽田空港(東京都)など国内のほぼ全ての空港に計約440台が導入され、搭乗前の液体物の検査で活用されている。実際に空港で見たことがある人もいるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです