メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田急が来春、終電繰り上げ 20分程度

 小田急電鉄(本社・東京都新宿区)は4日、来春のダイヤ改正で終電を20分程度繰り上げると発表した。一部列車では始発も10分程度繰り下げる。深夜のメンテナンス作業の時間確保や、新型コロナウイルス感染拡大の影響で乗客が減っていることが理由。詳細なダイヤは12月中に公表する。

 対象は小田原線、江ノ島線、多摩線の全3路線。終電は午前0時台を中心に10~20分早め…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです