メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏優勢の見方でNY株続伸 東証も続伸し9カ月ぶりの高値

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 4日のニューヨーク株式市場は、開票が進む米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が優勢との見方が広がるなかで続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は、前日比367・63ドル(1・3%)高の2万7847・66ドルで取引を終了。上げ幅は一時800ドルを超えた。

 この流れを受けた5日午前の東京株式市場は続伸。日経平均株価の前日終値からの上げ幅は一時300円を超え、取引時間中として約9カ月ぶりの高値を記録した。午…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです