メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ影響で健保組合、22年度に9400億円赤字か 保険料収入減と試算

 大企業の社員らが入る健康保険組合の全国組織である健康保険組合連合会(健保連)は5日、新型コロナウイルス感染症が健保財政に与える影響の試算を公表した。2021年度は加入する組合全体で6700億円、22年度は9400億円の赤字になると予想した。企業業績が悪化して従業員の賃金が低下し、保険料収入も減少することが要因。

 試算は保険料率を20年度の平均9・2%で維持した場合。22年度に収支を均衡させるには10・5%に引き上げる必要があるという。団塊の世代が75歳以上になり始める22年度は医療費が増すため、6000億円程度の赤字になる予想だが、コロナが追い打ちを掛け、赤字幅は拡大する。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです