モーリシャス座礁事故 船撤去完了は来年春 油回収は1月に完了の見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
重油が流出している大型貨物船「わかしお」=西インド洋の島国モーリシャス南東沖で8月11日、フランス軍提供・AP
重油が流出している大型貨物船「わかしお」=西インド洋の島国モーリシャス南東沖で8月11日、フランス軍提供・AP

 西インド洋モーリシャス沖で7月に大型貨物船「わかしお」が座礁し、重油が流出した事故で、船所有会社の親会社、長鋪(ながしき)汽船(岡山県)は5日、現場に残っている船体の撤去が終わるのは来年春になるとの見通しを明らかにした。

 船体は座礁後、前後に分裂し、前の部分は既に現場から撤去されて近海に沈めて処分…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

注目の特集