メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

33万羽飼育の養鶏場で3800羽の死確認 香川の鳥インフル 県が殺処分開始

 香川県は5日、同県三豊市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。県によると、採卵用の約33万羽を飼育する養鶏場で、敷地内に12の鶏舎があり、うち1鶏舎で1~4日に約3800羽が死んでいるのが確認された。4日に13羽を検査したところ、死んだ11羽全てから陽性反応が出たという。

 県は5日午前から殺処分を始めた。3~5…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 露反体制派 「プーチンの宮殿」暴露動画を公開 黒海沿岸に1400億円の豪邸

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです