メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

小惑星「リュウグウ」の試料が入っているとみられるカプセルを探索するため、カプセルに付いたパラシュートに電波を当ててその反射波をとらえるレーダー=宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」の地球帰還が、1カ月後に迫った。はやぶさ2が届ける小惑星リュウグウの石などが入っているとみられるカプセルは、12月6日未明にオーストラリア南部の砂漠に到着する。6年52億キロの旅のフィナーレに向け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のカプセル回収班やプロジェクトチームは、準備万全だ。リュウグウの「お宝」回収のシナリオとは――。【永山悦子/オピニオングループ】

焦点は確実な「分離」/もしも、の場合は探査機も突入

 はやぶさ2はカプセルを分離するポイントを目指し、順調に飛行している。10月下旬に実施した最初の軌道変更も成功。4日には、探査機を使ったカプセル分離のリハーサルを実施し、カプセルは切り離さないものの本番同様の運用を計画通りに終えた。先代のはやぶさは姿勢や軌道を変えるエンジンがすべて壊れていたため、カプセルとともに大気圏へ突入、燃え尽きた。はやぶさ2の機体は万全で、カプセル分離後に次の小惑星を目指す。

 焦点は、その分離の確実な実施だ。国中均・JAXA宇宙科学研究所長は「分離ができたかどうかの確認は、かなり念入りにやってもらう。もし分離が確認できなければ、探査機丸ごと大気圏に突入させる。…

この記事は有料記事です。

残り2085文字(全文2598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです