「鬼滅の刃」キャラが歌舞伎衣装 京都・南座にパネル あうんの呼吸でコラボ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人気漫画・アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」と歌舞伎がコラボした展覧会「TVアニメ『鬼滅の刃』×『京都南座 歌舞伎ノ舘』」が6日、京都・南座(京都市東山区)で始まる。キャラクター13人がそれぞれの特徴に近い歌舞伎の登場人物の衣装をまとったパネルを南座に設置する。23日まで。

 「鬼滅の刃」は鬼に家族を殺され妹を鬼にされた主人公の竈門(かまど)炭治郎が、妹を人間に戻すため仲間と共に鬼と戦う物語。映画が記録的な大ヒットとなるなど話題を呼んでいる。

 展覧会では、鬼退治で知られる平安時代の武将・源頼光がクモの化け物と戦う歌舞伎演目「蜘蛛(くも)の拍子舞」にちなみ、頼光とその家臣「四天王」に、炭治郎を含むメインキャラクター5人がふんする。舞台上に5人の等身大パネルを置くほか歌舞伎の道具を配し、独特の世界観を楽しめる。さらに人気キャラクター8人のパネルも設置する。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集