メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川で鳥インフル、感染力強い高病原性か 33万羽飼育 殺処分は国内最大規模

[PR]

鳥インフルエンザが発生した養鶏場に入る自衛隊員ら=香川県三豊市で2020年11月5日午後3時15分、喜田奈那撮影

 香川県は5日、同県三豊市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。感染力の強い高病原性とみられる。採卵用の約33万羽を飼育しており、県は殺処分を始めた。県によると、国内の養鶏場から鳥インフルエンザが確認されるのは2018年1月に同県さぬき市で確認されて以来で、一度に殺処分する数としては国内最大規模となる。

 県によると、発生した養鶏場内には12の鶏舎があり、うち1鶏舎で1~3日に約1550羽、4日に約2300羽が死んだ。県が同日、生きている2羽を含む計13羽を簡易検査したところ、死んだ11羽全てから陽性反応が出たという。その後の遺伝子検査で高病原性の可能性が高いと判明した。

 県は5日午前から33万羽の殺処分を始め、自衛隊に派遣要請した。3~5日間程度で完了する見込みで、殺処分した鶏など688トンを養鶏場内に埋める。

鶏を殺処分する香川県職員ら=香川県三豊市で2020年11月5日撮影、県提供

 発生した養鶏場の周辺では、半径10キロ圏内で115カ所の養鶏場が約460万羽を飼育している。3キロ圏内は鶏や卵の持ち出しが禁止される移動制限がかかり、3~10キロ圏内は圏外への鶏や卵の搬出が制限された。農林水産省は5日から当面の間、国内産全ての鶏肉や卵の輸出を停止した。

 県によると、発生した鶏舎に窓はなく、設計上は野鳥が侵入することはない。県は年1回、各養鶏場を点検しており「予防対策は取られていた」と判断していたという。【潟見雄大、藤渕志保】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです