メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人が指名あいさつ 中山礼都「目標はトリプルスリー」 中京大中京を訪問

巨人の榑松伸介スカウト部次長(左端)と青木高広スカウト(右端)から指名のあいさつを受けた中京大中京高の中山礼都選手(左から2人目)と中京大の山本一輝投手=名古屋市昭和区の中京大中京高校で2020年11月4日午後2時20分、川瀬慎一朗撮影

 巨人の榑松伸介・スカウト部次長と青木高広スカウトが4日、中京大中京高(名古屋市昭和区)を訪問し、プロ野球のドラフト会議で3位指名した同校の中山礼都選手と6位指名した中京大の山本一輝投手に指名あいさつをした。

 中山選手は「高校生野手ではナンバーワンの評価。(巨人の)坂本勇人選手2世になってほしい」と伝えられた。小学生の頃から坂本選手に憧れているという中山選手は「光栄なこと。期待に応えられるよう、一から体作りをしたい」と話し、目標には「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)」を掲げた。

 一方、「長いイニングを投げられるようにしてほしい」と期待された山本投手は「けがをしない体作りをし、チームを背負える投手になりたい。打たれない直球を目標にしている」と語った。また出身の東郷高(東郷町)が野球強豪校ではない事に触れ「後輩には、強豪校でなくても、ここまで来られた姿を見せたい」と話した。【川瀬慎一朗】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  4. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  5. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです