メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

彫刻家・砂澤ビッキが活動「森と匠の村」 北海道・音威子府 作品群と人柄、心の柱

北海道・音威子府(おといねっぷ)

 アイヌにルーツを持つ現代彫刻家、砂澤ビッキが、がんのため57歳の若さで亡くなって31年。ビッキが愛した北海道北部の音威子府(おといねっぷ)村には作品などの遺産が残り、「森と匠(たくみ)の村づくり」を進める村の精神的支柱となっている。ビッキが最後の10年余りを過ごした人口約700人の村を訪ねた。

 85年夏、先週の本欄で紹介した北海道・二風谷(にぶたに)で、札幌アイヌ協会会長などを務めた樺修一さん(故人)と酒席をともにし、意気投合した。翌年3月に連絡すると「音威子府にいる」という。導かれるまま国鉄宗谷線筬島(おさしま)駅近くの廃校を訪ねると、樺さんと見知らぬひげ面の男性がいた。それがビッキだった。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです