東日本大震災

福島第1原発事故 廃炉作業9年半 労災269件 被ばくでがん、過労死 熱中症も頻発 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
9年半で269件の労災が判明した東京電力福島第1原発
9年半で269件の労災が判明した東京電力福島第1原発

 2011年の東京電力福島第1原発事故の後、復旧や廃炉などに関連した作業に携わった作業員らの労災認定が、今年10月1日までの9年半余りで269件に上ることが、厚生労働省への取材で分かった。年度別では汚染水対策の本格化に伴い事故が相次いだ14年度の58件が最多。その後減ったが、おおむね20件前後で推移する。被ばくによるがんや過労死が理由の認定もあり、作業員が厳しい環境で働く実態が浮き彫りになった。

 東電によると、11~19年度、作業中の事故などで3人が死亡、熱中症も頻発している。来年3月で事故から10年となるが、廃炉に向けた作業は今後も長期にわたり、1日当たり約4000人が働く作業員の安全対策は引き続き重要課題になる。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文757文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集