特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市) 実物の試験機を目前に /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)筑波宇宙センターは、ロケットや人工衛星などの開発・運用や有人活動の拠点で、日本の宇宙開発計画の中核を担う。広さは東京ディズニーランド約1個分に当たる約53万平方メートル。国の研究機関が集まる「筑波研究学園都市」を代表する施設である。

 人工衛星による地球観測、月惑星探査……。一般公開エリアの展示館「スペースドーム」では、分野別にこれまでの歩みをパネルなどで紹介する。そして何より目を引くのは人工衛星の実機や試験機だ。国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の実物大模型などもあり、多様な宇宙機を見られるのは国内でもここだけという。

 元JAXA試験センター長で展示解説をする三枝博さん(71)が言う。「実際に打ち上げたものよりも、ここにある試験機の方が私たちにとっては愛着がある」。というのも三枝さんはJAXAの元技術者で、展示している試験機にも携わってきた。実物の試験機を前に技術者の生の声を聞けるとあって、宇宙好きの若者が熱心に質問しに来るという。また、試験機はコンピューターシミュレーションに代わり、現存機は技術開発の歴史を物…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文710文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集