メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土屋嶢さん死去 「理想的なリーダー」 県内から悼む声 /岐阜

 大垣共立銀行(大垣市)の頭取を26年務めた同行会長の土屋嶢(たかし)さんが新型コロナウイルスに感染して入院し、4日、呼吸不全で死去したことを受け、県内から悼む声が相次いだ。【井上知大、黒詰拓也】

 大垣市の小川敏市長は「大きな体で、懐深く多くの方々の要望に応えられると同時に、思いもつかない新しい発想で次々とユニークなサービスを展開された。理想的なリーダーでした」。約30年間の付き合いがあるという大垣市選挙区の猫田孝県議(80)は毎日新聞の取材に「大垣の財界の中心人物を失い、残念だ。アイデアある経済人であり、文化人でもあった」と故人を惜しんだ。

 また古田肇知事は「県経済の発展や県政の推進に多大なご尽力をいただいた。偉大なリーダーを失ったことは、誠に痛恨の極み」。県商工会議所連合会の村瀬幸雄会長(十六銀行頭取)は「コロナ禍にあり、県経済の再生に一致団結して取り組まなければならない今、経験豊かな経済人を失ったことは、県にとって大きな損失」とのコメントを発表した。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです