メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子チーム紹介 /三重

2019年の大会で勢いよくスタートする選手たち=三重県松阪市で2019年11月10日午後0時4分、朝比奈由佳撮影

[PR]

県予選に男子32校 8日号砲

 8日に松阪市で開催される全国高校駅伝競走県予選会(県高体連・三重陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)。男子32校が出場し、7区間42・195キロで争う。出場するチームを紹介する。【朝比奈由佳】

交通規制・感染予防にご協力を

 全国高校駅伝競走県予選会のコースとなる国道166号や周辺道路が8日、女子がスタートする午前9時半ごろから、男子がゴールする午後2時ごろまで、渋滞が予想されます。沿道の方々やドライバーの皆様にご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願い致します。また、新型コロナウイルスの感染予防のため、今大会ではコース沿道での応援はご遠慮ください。

 県高体連

 三重陸上競技協会

 毎日新聞社


 ◆男子チーム紹介

 ※敬称略。校名の下はゼッケン番号。名簿の最初は監督。丸囲みの数字は学年。

桑名1

 各区間で力を発揮できるバランスの良いチーム。

萩一彰

赤木小次郎(1)

浅野雄亮(2)

安斎颯太(2)

石川笑心太(1)

片山陽斗(1)

小林朋生(1)

近藤優磨(2)

田崎智大(2)

服部康樹(2)

桑名西2

 伊坂ダム横に校舎があるため、坂道を登って通学で体を鍛える。

安田覚

小川友己(2)

佐藤右真(2)

前田寛翔(2)

山田穂高(2)

横田海月(2)

石川輝(1)

加藤貫来(1)

後藤海斗(2)

伊藤大輝(2)

加藤翼(1)

桑名工3

 主将の高木を中心に、変化走などの練習に取り組む。

植田裕介

黒崎琉斗(3)

高木歩夢(2)

山下穂高(2)

伊藤生良(1)

伊藤悠翔(1)

千草陽暉(1)

山崎玲王(3)

いなべ総合4

 安定した走りで信頼できる2年生と勢いのある1年生にも注目。

西山俊

村上愛季(3)

清水夏樹(3)

森下雄登(3)

岡本怜士(2)

村田右京(2)

水谷映月(2)

一色遼大(1)

高岡央斗(1)

前野孔也(1)

渡辺 望夢(1)

津田学園5

 19年初出場。県大会で入賞を果たした永田を中心に一致団結。

早川杏沙

永田一馬(3)

岡田昴也(2)

清水楓真(2)

平野史也(2)

森蒼斗(2)

北野巧真(1)

伊藤聡彦(1)

バルボザナオキ(1)

今村則斗(1)

水谷是紀(3)

四日市6

 2年の辻本、1年の雨沢や勝井など実力のある選手がそろう。

小川裕之

瀬古大介(2)

辻本健太郎(2)

長浜尚汰(2)

神田歩輝(2)

橋本太一(2)

浅野航也(1)

雨沢優太(1)

勝井陽大(1)

中村太智(1)

渡辺晃心(1)

四日市南7

 長距離選手は少ないが、学校近くの丘陵公園で練習に励む。

加藤英紀

伊藤友大(2)

西川隼人(2)

根本秀平(3)

長谷川峻大(2)

棚田徹志(1)

辻一帆(1)

植村壮馬(1)

大井想梧(1)

高田悠真(1)

名村崚(1)

四日市西8

 2年岩月がチームの中心。1年の森と中川がチームの鍵になる。

足道久子

小倉綾太(3)

加藤慶太(3)

岩月志穏(2)

田口舜(2)

高橋倫(2)

小菅楓真(2)

森優太(1)

中川直哉(1)

伊藤遼弥(1)

川口晃矢(3)

四日市工9

 エースで、爆発力がある佐藤を軸に、2年連続優勝を目指す。

松尾政臣

佐藤榛紀(3)

服部大次郎(3)

山口史朗(3)

清尾琉斗(3)

松尾陽輝(3)

小林丈留(3)

坂本翔伍(3)

加藤祐介(3)

竹野連(2)

金尾凌太(2)

四日市中央工10

 心の成長をテーマに、一人一人が準備を大切にするチーム。

野田道胤

土器屋快都(3)

森一真(3)

後藤翼空(3)

市川愁士(3)

小菅輝也(3)

池田拓未(2)

石井涼太(2)

山口貴也(2)

岩間智樹(2)

鈴木健斗(2)

暁11

 近くのダムコースを利用するなど、工夫しトレーニングに励む。

北沢昇

昭本大貴(2)

市川清元(2)

川高慎之輔(2)

浜田大輔(2)

太田佳祐(2)

野田旺助(1)

辻琉翔(1)

山田哲也(1)

大畑竣也(1)

花本隆真(1)

海星12

 「楽しく走る」をテーマに精神力を身につけることが目標。

松原正樹

入江栞汰(3)

前田琉偉(3)

小池優作(2)

前田ゆう作(2)

伊藤圭吾(2)

姫子松伶太(2)

萩大輔(2)

江上智輝(1)

山田楓芽(1)

恒岡樹人(1)

稲生13

 過去6年間で最速のチームと自負。総合力で入賞を目指す。

辻野拓郎

藤本拓弥(3)

今村愛斗(3)

小田部優貴(2)

西形友翔(3)

藪谷幸輝(2)

南部翔(3)

舘隆翔(2)

川出翔(2)

奈須愛斗(3)

田中幸登(3)

鈴鹿14

 中学で陸上経験者はほぼいないが、走り込んだ成果を発揮する。

宮口真衣

福田直瑛(1)

中村快翔(1)

芝田翼(1)

横山偉士(2)

服部嵐夢(3)

前田拓海(1)

堀倫綺(1)

柳田健次(1)

紺野将伍(1)

吉田悠介(1)

亀山15

 サッカー部から4人が応援。中距離を得意とする選手が多い。

木村剛久

吉井尊(3)

牧原琉成(3)

川北歩(3)

田辺翔(1)

田母神よしお(3)

山本隼大(1)

宮崎圭斗(3)

原一貴(2)

豊田陸翔(2)

杉浦魅月(2)

津16

 「文武両道」を掲げる。短い練習時間を集中力でカバーする。

上林真介

鈴木右京(2)

杉野優月(2)

中西優太(2)

西上佳佑(2)

松村優希(2)

城健(2)

野田怜臣(2)

和田宗一郎(1)

岩城和真(1)

津東17

 選手自ら体調を考えトレーニング。過去最高の15位を目指す。

川合正貢

岸野壮汰(2)

増田温斗(2)

坂口遼斗(1)

丸柱佑太朗(2)

米川幸希(2)

茂手木来人(2)

等農共喜(1)

中村陸(2)

若林颯真(2)

林海翔(1)

津西18

 前川をはじめ、チームとしてスピードを強化している。

奥田研太

吉尾康一(1)

前川達也(2)

小林奏太(2)

中井遥斗(2)

橋本淳希(2)

川又悠生(1)

池村昂義(2)

南出基希(2)

太田圭(2)

中山大地(1)

高田19

 エース吉田が、主将として安定した走りでチームを引っ張る。

乙部公伸

田中海吏(3)

島田晃希(2)

鈴木琢斗(2)

田中翔真(2)

鍋島常喜(2)

吉田亘(2)

渡辺唯人(2)

浅野孔(1)

林侑汰(1)

槇元陽大(1)

松阪20

 チームで切磋琢磨(せっさたくま)しながら練習に励む。総合力で勝負。

堀伸嘉

長谷川塔麻(2)

北川翔海(2)

鈴木琥白(1)

江上知輝(1)

川辺羽琉(1)

田辺俊博(1)

南結人(1)

井上朔乃介(1)

森山颯太(1)

大森滉士(1)

三重21

 4月に柳本監督が就任。走り込み重視のトレーニングを重ねる。

柳本拓也

加藤成泰(2)

瀬古陸斗(2)

川村歩士(2)

太田凌介(1)

坂井太陽(1)

萩野零次(1)

深田陸斗(2)

松田爽大(1)

谷口僚(1)

松前楽(2)

相可22

 長距離選手に加えて、野球部員らを応援にもらいチーム編成。

村嶋輝久

坂本拓馬(3)

藤田航暉(3)

大西翔湧(1)

山添純(2)

松井陽大(2)

沓沢藍(2)

筒井優太(2)

岡田龍斗(1)

石田和大(1)

稲本竣介(3)

伊勢23

 前回の大会は27位。「自己管理」が監督の指導方針。

出口義人

浜口昴志(2)

藤原楓(2)

佐野理恩(2)

谷口智哉(2)

橘和哉(2)

中西琉貴(1)

中西伊央里(1)

早川諒(2)

岩本嵩己(1)

倉谷祈純(1)

伊勢工24

 7区を任された主将の田原が軸。1区中村の力走にも期待。

山本健太

中村亮太(2)

中山凌志(2)

奥村陸人(2)

川端護(2)

中西洸太(1)

小川翔太朗(1)

田原優冴(3)

奥田聖也(1)

御村征也(2)

浜岡優輔(1)

宇治山田商25

 校内マラソンで優勝したサッカー部員を招き、チームを編成した。

福井竜一郎

浜口登馬(3)

服部一斗(3)

辻慎太郎(3)

近藤肇起(2)

高橋颯太(2)

田畑瑠真(2)

大西泰正(2)

奥野隼輔(1)

斎藤紫豊(3)

久保田怜二(3)

皇學館26

 皇學館大駅伝部の練習にも参加し、自己記録を更新できた。

出口大貴

橋本虎暁(3)

冨岡凜太郎(2)

松山昴平(2)

小林楽叶(2)

梅森悦慈(2)

前田尚音(1)

山下晃槻(1)

橋爪政宜(1)

大川慶也(1)

大野雅翔(1)

伊勢学園27

 創部11年目で、大会初出場。スピードを重視した練習に励む。

山岡卓弥

亀川裕矢(1)

越川陽向(3)

鈴木幸誠(2)

竹谷涼太(3)

谷伶弥(1)

野呂陽斗(1)

浜口春斗(2)

見置空(1)

見置蓮音(3)

柴田颯也(1)

上野28

 メンバーの半数が県高校新人陸上競技大会で入賞、戦力がそろう。

平井裕司

谷屋栄篤(2)

柳下温季(2)

西野七瑠人(2)

仲世古成輝(2)

荒川航汰(1)

斎藤幹大(1)

天野黎(2)

寺田京平(1)

浜口弘夢(1)

松浦剛士(1)

伊賀白鳳29

 前回の大会で16連覇を逃した。1位への返り咲きを狙う。

中武隼一

小原政孝(3)

中川雄斗(3)

藤川創(3)

小倉史也(2)

松本颯真(2)

水谷柊斗(2)

村上優心(2)

倉本晃羽(1)

鈴木千翔(1)

古橋希翁(1)

名張青峰30

 選手同士で必要なトレーニングを考え実践している。20位が目標。

前田剛

井戸悠士(2)

矢敷歩(2)

佐藤龍之介(3)

一力祥太(2)

福永和那(1)

石崎亘(1)

北羅拳士郎(1)

宮野音王(2)

塩崎友也(2)

下水流僚(2)

尾鷲31

 前回の大会は18位。前年のタイムを上回ることが目標。

垣内元宏

垣内淳宏(3)

伊藤学(3)

浜田悠成(2)

下地陽平(2)

浜口柊人(2)

岩崎樹(2)

高浜龍ノ介(2)

糸川厚(1)

中野陽(1)

森山史也(2)

鈴鹿高専32

 1区伊藤で流れをつくり、前半から良いレースを展開したい。

舩越一彦

宮田祐貴(3)

高間光(3)

加納歩輝(3)

宮脇敦希(3)

伊藤瑠威(2)

金森湧大(2)

水谷暢孝(2)

松田洸希(1)

稲垣凌太(1)


 <各中継点の通過予想時間>

中継点 通過予想時間

2区  12時~12時10分

3区  12時10分~12時20分

4区  12時半~12時55分

5区  12時55分~13時25分

6区  13時05分~13時40分

7区  13時20分~14時


2019年の男子入賞校

順位 学校名   タイム

(1)  四日市工  2時間08分29秒

(2)  伊賀白鳳  2時間09分41秒

(3)  高田    2時間18分29秒

(4)  海星    2時間21分58秒

(5)  津     2時間23分35秒

(6)  四日市西  2時間23分59秒

〔三重版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 特大「仙人風呂」でいい湯だな 河原に50メートル×15メートル 和歌山・田辺

  4. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

  5. 柿60キロ盗んだ容疑で介護施設職員逮捕 アルバイトしていた選果場に侵入 奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです