メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁判手続き充実へ 小川新長官が抱負 高裁 /広島

 広島高裁の小川秀樹長官(63)の就任記者会見が4日あり、「コロナ禍でも国民が安心して司法サービスを受けられるようにすることが最重要課題。IT化が進む民事裁判手続きが充実したものになるよう努力していきたい」と語った。

 神奈川県出身で東大法学部卒。1985年任官し、法務省大臣官房司法法制部長、千葉地裁…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです