特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

県予選開会式 「喜びかみしめ走り抜く」 諫早・戸村主将が選手宣誓 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
選手宣誓する諫早の戸村主将 拡大
選手宣誓する諫早の戸村主将

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選の開会式が5日、雲仙市小浜体育館であった。

 新型コロナウイルス対策で密接を避けるため、出場する男子41校、女子23校の代表選手1人ずつが参加。女子で連覇を目指す諫早の戸村文音主将(3年)が「走れる喜びをかみしめながら全力で走り抜き、感動を届ける駅伝にする」と選手宣誓した。

 レースは6日、雲仙市小浜町の石合公園前を発着点に、海岸沿いを南に走って折り返すコースであり、女子(5区間21・0975キロ)は午前10時、男子(7区間42・195キロ)は午後0時20分にスタート。新型コロナ感染拡大防止のため、沿道応援は自粛するよう呼びかけている。【近藤聡司】

〔長崎版〕

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集