メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 小林が7年ぶりアベックV 女子、2年連続22回目 男子、3年ぶり56回目 /宮崎

1位でフィニッシュする男子・楠木選手

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選が5日、宮崎市のひなた県総合運動公園周回コースであり、18校22チームが参加(オープン参加4チーム)した男子(7区間42キロ)は小林が2時間3分13秒で3年ぶり56回目、11チーム8校が参加(オープン参加3チーム)した女子(5区間22キロ)も小林が1時間12分21秒で2年連続22回目の優勝を果たした。小林のアベックVは7年ぶり。いずれも12月20日に京都市である全国大会に出場する。例年は西都市の公道で実施するが、新型コロナ感染予防のため一般客は入れないコースに変更。距離も微調整した。たすきは例年通りつないだ。【塩月由香、杣谷健太】

 ◆男子

先頭譲らず王座を奪還

 小林が伝統校の意地を見せて最後まで先頭を譲らず、宮崎王者の座を3年ぶりに宮崎日大から奪い返した。

 1区は序盤、オープン参加する小林B・Cチームの2人が先導。宮崎日大も含めた4人の先頭集団から、5キロ地点で小林の冨永昌輝選手(3年)がペースを上げ、6秒差で2区の高木晃瑠(ひかる)選手(同)にたすきをつないだ。 3区の倉掛響選手(同)が差を更に20秒広げ4区の水野龍志選手(同)へ。下級生でただ一人起用された5区・一條空音(そらね)選手(2年)、6区・福島渉太選手(3年)、アンカーの楠木悠人主将(同)と3連続区間賞。倉掛選手は「2年前に宮崎日大に負けた時は自分がアンカー。今回やっとみんなと笑顔でテープを切れた」。

 ◆女子

区間賞独占、圧巻レース

1位でフィニッシュする女子・藤田選手

 小林が区間賞を独占する圧巻のレースで、ライバルの宮崎日大を寄せ付けなかった。2年連続1区の原田紗希選手(2年)は「ワクワクしていた。自分の走りができれば差をつけられる」と自信の走りで、3キロ過ぎに2位を引き離し、44秒差をつけて流れを作った。

 2区の大坪沙代選手(3年)も好走。笑顔でタスキを託された3区の末山優珠(ゆうじゅ)選手(同)は「(チームの)軸になる走りができた」と更に差を広げた。

 昨年はBチームだった4区の野村真央選手(2年)もその悔しさを晴らす快走。独走状態となった最終5区の藤田あい選手(同)は1区の原田選手のタイムを意識しながら走り、右手を高々と上げてフィニッシュを決めた。


 ■男子

上位成績◇

(1)小林       2時間 3分13秒

 (冨永昌輝、高木晃瑠、倉掛響、水野龍志、一條空音、福島渉太、楠木悠人)

(2)宮崎日大     2時間 4分18秒

(3)都城工      2時間15分21秒

(4)宮崎南(5)妻(6)日章学園(7)延岡工(8)延岡商(9)宮崎工(10)都城泉ケ丘

区間賞◇

1区10キロ 冨永昌輝(小林3年)   29分25秒

2区 2キロ 松井遼太(宮崎日大3年)  5分23秒

      高木晃瑠(小林3年)     〃

3区 8キロ 倉掛響 (小林3年)   23分 3秒

4区 8キロ 曳田道斗(宮崎日大3年) 23分37秒

5区 2キロ 一條空音(小林2年)    5分28秒

6区 6キロ 福島渉太(小林3年)   18分 6秒

7区 6キロ 楠木悠人(小林3年)   18分8秒


 ■女子

上位成績◇

(1)小林      1時間12分21秒

 (原田紗希、大坪沙代、末山優珠、野村真央、藤田あい)

(2)宮崎日大    1時間13分48秒

(3)都城商     1時間25分32秒

(4)宮崎北(5)延岡(6)宮崎学園(7)延岡商(8)都城泉ケ丘

区間賞◇

1区6キロ 原田紗希(小林2年) 19分38秒

2区4キロ 大坪沙代(小林3年) 13分 9秒

3区4キロ 末山優珠(小林3年) 13分13秒

4区2キロ 野村真央(小林2年)  6分22秒

5区6キロ 藤田あい(小林2年) 19分59秒

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです