メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 小林が7年ぶりアベックV 監督・主将の話 /宮崎

[PR]

全体通しミスなく 小林男子・上原将平監督

 全体を通してミスがなかったのが勝因。エース区間の選手は頼もしく、抜てきした5区一條の活躍も光った。全国では古豪と呼ばれるほど入賞から遠ざかっており、優勝を目指したい。

全区間トップ掲げ 小林男子・楠木悠人主将

 全区間先頭を譲らないというチーム目標を掲げ挑んだ。総合力の勝利。苦しい時期もあったが支えてくれた方々を都大路に連れていけることになりうれしい。最初で最後の都大路。目標は優勝。

チーム一丸の走り 小林女子・佐々木秀行監督

 このチームでまた駅伝がしたいと選手に伝えた。全員の気持ちが一つになった結果。一人一人が課題を乗り越えてくれた。全国で戦えるチームにレベルを上げて都大路にチャレンジしたい。

苦しい練習の成果 小林女子・末山優珠主将

 全員区間賞を目標にしていた。苦しい練習をみんなで乗り越え、全国につながる走りができたのでうれしい。都大路では応援してくれる先生や地域の期待に応える走りを見せて入賞したい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです